続GPU…買うか…

おそらく、岩手唯一のパソコン専門店PCデポに行って、商品を選びこんな感じで組めますかね?と聞くと…

ニマっと笑って、もうちょっと調べたほうがよいですね!

ぬうわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

絶対心の中では

ふはははははははははははは!それぐらいの知識でよくPC組もうなんぞ、笑止ぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!出直してこいぃぃぃぃぃぃぃぃ!

と思ってただろ。

PCデポの中では

PCデポがパソコンの組み立てを完全サポート!

って流れてるのにぃぃぃぃぃぃ。どういうことぉぉぉぉぉ。

しかも、Linuxは専門外です。自分で調べてください。と言われたので自分でやるしかねぇ。
専門範囲狭すぎない?
そうです、私は専門外こそを専門とする専門外専門のエンジニア!(?)

調べるか。ネット後の時代に生まれてなかったら終わってたな。
しかもマイニング後の人生だから尚更みんな情報を落としてくれていて嬉しい!

いつの時代もネットが先生ですね!

というわけで

構成!

いんなサイトに出入りした。
値段、は相場として10万〜20万はやっぱりかかる感じ。
20万を超えるとかなり高価。

全体像。

やはり秋葉原とかの中古がやすいみたい。

マザーボードはこれがよさそう
若干計算効率に影響してくるとのことであったので予算に余裕があるのであればSSDにするのがいいかと思います。
え、ssdそうなの…?

構成目安。
やはりubuntu入れるのは第8世代以下がよさそうだ。

ただし、scikit-learnがGPU対応しておらず、CPUにもある程度のスペックが必要
マジか。
構成はここをほとんど参考にしてやろう。

GPU中古。

CPUの違い。

決定打

GPU

GTX 1080 FOUNDERS EDITION 8GB GDDR5X $549.00(≒¥62500)
中古がいいっぽいがはじめなので新品で。

マザーボード

ASUS Intel B250搭載 マザーボードLGA1151対応 EX B250 V7 ¥9,980

SSD

Intel Core i5-8400 ¥29,980
Core i5の8世代以下かCeleronか。
scikit learnのことを考え、Core i5に。

メモリ

DDR4-2400 32GB(16GBx2) PC4-19200 (Crucial製) ¥33,458
これ、大きさこれでいいと思うけど、確認が必要。ノートパソコン用ではないよね、流石に。

電源ユニット

750W 80PLUS GOLD電源 ¥10,734

結束バンド

TRUSCO ナイロン結束バンド(耐候性タイプ) 2.5×99 100本入 TRJ100B ¥304
ラックにするので買っておく。

ラック:幅だけ確かめて購入する

約¥10,000
幅をみてから後からの購入でいい。

OS

ubuntu ¥0

お金

パーツ 値段
GPU 約¥62500
マザーボード ¥9,980
SSD ¥29,980
メモリ ¥33,458
電源ユニット ¥10,734
結束バンド ¥304
ラック 約¥10,000
OS ¥0
合計 ¥156,956

合計が約15万円なので、まぁそんな感じかというところ。

ubuntuぅぅぅぅぅぅぅ

ubuntu インストール



リモートアクセス

ubuntuインストール後はリモートアクセスしてつかう。

ubuntu上にGPU環境構築する


通常のDockerではなくnvidia-dockerを使う必要があるが、これがLinux OS(Ubuntuなど)にしか対応していない。
これってもうlinux一択だ。

リモートのメインPC(Windows)のターミナルでSSH接続したり、リモートデスクトップ接続でデスクトップ環境を触ったりしている。
これがやりたいだけの人生だった。
というかやるべきことはすべてこのサイトにのっていた…

複数のGPU入れる

ときのマザーボード。
ライザーカードを通して実現
延長ケーブルみたいなやつ。

疑問

複数のGPUを使うときには、cpuにアクセスすると勝手にダイナミックに動いてくれるのかな?

これで構成は決まった!が、自分から一人やるのはなかなかヤバそうだけどやってみるか?はい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です