WebPackのTruffleのディレクトリ構成を確認しよう

一度DAppsを作ってみようと思い、手のつけ方がわからずにいたので一度Webpackのディレクトリ構成を確認しようと思います。

Truffleを使う

現状ではもっとも簡単にDAppsを作れると思っているTruffleというフレームワークで作ろうと思います。
とりあえず、環境をつくりたい人は、イーサリアムのフレームワークTruffleをブラウザで表示するところまでやってみたで動くところまでやってみてください。

ディレクトリ構成

まずは、ディレクトリ構成を確認しましょう。
例としてWebpackのものでは次のようなディレクトリが存在します。
appbuildcontractsmigrationsnode_modulestest

app

app以下にはブラウザで表示する内容物が入っています。
例えば、htmlcssjavascriptなどがここに配置されます。
基本的にjavascriptcontrollerとかを書くようです…辛い…
app/javascript/app.jsのコードは以下のようになっています。

build

ここには、buildされた時のjsonファイルが入っています。
特にいじることはなさそうな印象…

contracts

solidityファイルを格納するディレクトリです。
contractのソースコードが入ります。

migrations

migrationファイルが入ります。
migrationとは…

node_modules

いうまでもなく、nodeのmodule群。

test

テストファイルが格納されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です