【苦しみながら理解するハードウェア】インストールから実行までのGreengrass

僕もLambda関数を設定してAWS IoT Greengrass コアデバイスにデプロイしてエッジサイドで処理実行したい!ということで、greengrassを使ってlambda関数を動かしてみました。ただ、動かすだけならば、AWSのドキュメントが普通にわかりやすいです。(いつもちょっと敬遠していてごめんという気持ちになります。)

IoT Core

Greengrassの前にIoT Coreについて理解した方がいいと思います。GreengrassはIoT Coreの機能の一部。

こちらの記事をみていると、AWS IoTにメッセージを送るのはRaspberry pi側にコードを書いている。Greengrassを使う場合はLambda内にAWS IoTにメッセージを送るコードを書いておいて、Lambda自体をRaspberry piにデプロイして実行するようにする。そうすることで、速度改善できたり、コードの更新をするときに一括で可能になったりする。
GreenGrassについてはこのような記載が。

AWS IoTの拡張的機能
エッジ端末への遠隔デプロイを可能にする
エッジ側にLambdaの機能をもたせられる

Lambdaのイベントドリブンな関数機能をエッジ端末に遠隔で付与

環境構築

AWSのGreengrassのチュートリアルが非常によくできているので、そのとおりに進めれば問題ないです。書いても全て重複しそうなので…

Lambda関数をエッジ用に設定

メッセージの送信

AWS IoT⇨Lambdaの方向にもメッセージを送る事はできるので、双方向の通信が可能です。

デバッグのコツまで書いてくれている…このnoteがタダなんて素晴らしい世の中だ…ありがたき。

保存

もうほけきよさんの記事みてればいいんじゃないかと思ってしまうほどに、やってほしいことをやってくれている…

ラズパイのカメラでとったものをS3に保存。

枝刈り

エッジデバイスで動かすためには軽量化もしなくてはいけないので、その枝刈りをしたり精度を犠牲にして軽いmodelを選んだりします。
重みの枝刈り。不要な重みを削っていくことですね。

次は自分で開発していて気になった覚書を書こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です