Dockerでcaffeをインストール

caffeのインストール

caffeのインストールってこんなに大変なのか…と思うぐらいだった…
他のライブラリとかanacondaとかpipでインストールするだけなのに…
結構ハマった。

Docker

そこでずっと放っておいたDockerを使ってみることにした。
import caffeでインストールするところまでは、超簡単にいく。
こちらを参考に

# imageからcontainerを作成する
$ docker run -ti bvlc/caffe:cpu caffe --version
# containerを起動する
$ docker start コンテナ名

もう1分以内に環境の構築が完了した。

# 以下のコマンドで、Docker内にいなくてもコンソールみたいにコマンドを打てるようになる
$ docker run -ti bvlc/caffe:cpu ipython
# 以下の方が簡単に同じようなことができるようになる
$ docker attach コンテナ名
# エラーがでない!
> import caffe

jupyter notebook

しかし、機械学習系ではjupyterを使うことが多い。
Dockerjupyter起動してローカルからブラウザでアクセスするのって難しいのかな…

# Dockerにアクセスする
$ docker exec -it コンテナ名 /bin/bash

anacondaは入っていなかったがpipが入っていたので、pipjupyterをインストールする。

$ pip install jupyter

そして、起動させる。
起動させる時は、ipアドレスの指定をして、Docker上ではrootでの起動になるので--allow-rootオプションをつける。(ここは修正が必要だと思う)

$ jupyter notebook --ip=127.0.0.1 --allow-root

そうすると問題なく起動する。

が、ローカルからjupyterにアクセスできない…
ということに気づき方針を変更することに。

超簡単にDockerでJupyter

以下のリンクを発見し、別イメージから超簡単にできることが判明。
とりあえず、これでやりたいことはできそうなので使おう…

# 別イメージのpull
$ docker pull kyamagu/caffe
# port8888を通す
$ docker run -it -p 8888:8888 kyamagu/caffe

課題

まだDockerについてわかっていないことが多いので、極力使って理解を深めていきたい…
これを身につけていたら環境構築に無駄に時間を食われなくて済む…今更ながら…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です