Dockerでcaffe(CPU)を使ってDenseRegを試してみる

Dockerのコンテナを作成する

慣れておけばCPUGPUをすぐに切り替えれそうなので、bvlc/caffe:cpuを使う。

とりあえず、vimを入れる

vimをローカルでも使える形に修正しておく。

caffeのビルド

結局そのまま使えない…
jupyterは以下のようにすれば起動できる。

jupyter notebookで起動はできるし、caffeimportもエラーが出ないけど、documentに書いてあるinterpolation layerが足りない気がする。

これでエラーになるのは俺だけなのか?
何故か参考になるページが少なすぎる気がする。
結局、これでうまくいかないから、再度caffeをビルドしなくてはいけないので、dockerを使う意味がイマイチない…
悲しい…
これビルドできたらimageとして残しておいたらいいのかな?

とりあえず、Makefile.configCPU_ONLY := 1のコメントを外し

してpathをPYTHON_INCLUDEに書く(これは変更前と同じだったので修正していない)

この対応で通るようになる。感謝。
ただ、根本的な理由としてのinterpolation layerに関しては何も修正できていない。
が、一旦make allしてmake testrunがpassするまではいきたい。
上記で一旦、passedが表示されるところまでいった。

ここにやり方が書いてあるので、一旦習ってやってみる

何故かGPUで起動しているような感じになる。
以下の記事を元にMakefile.config以下の部分を

コメントにしたが結局CPU_ONLYが起動できない。

結論

  • DenseReginterpolation layerを追加するため、GPU版のcaffeでしか起動できない。 -> GPUを購入予定なので後に検証する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です