火傷覚悟でArduinoに手を出してみる

Arduino!!

はじめて使いますが、頑張ってみます。

このサイトの通りにチュートリアルを実施しよう!

プログラムを実行してみる

// led_blink_sample1

const int led_pin = 13;           // LED connected to digital pin 13

void setup() {
  pinMode( led_pin, OUTPUT );     // sets the digital pin as output
}

void loop() {
  digitalWrite( led_pin, HIGH );  // sets the LED off
  delay( 1000 );                  // waits for a second
  digitalWrite( led_pin, LOW );   // sets the LED on
  delay( 1000 );                  // waits for a second
}

というファイルを作成して、再生マークを押してみましたが、エラー発生!

avrdude: ser_open(): can't open device "/dev/cu.usbmodem1411": No such file or directory

ツールからシリアルボードを選択すれば解決する。

ser_open(): can't open device

無事に実行された…

Lチカ

Lチカっていうのは、ハードウェア界のHello Worldって誰かがいってたな。

Lチカ

はじめにプラスとマイナスを反対にしていて、え、Lチカできねぇとかなった…

エリチカ

LEDは線が長い方がプラス

13のアウトプットがプラスなのか…

上の回路図で、LEDに直列に接続されている抵抗は、LEDに電源を接続して電流を流す際に、過大な電流が流れないようにするための抵抗です。

抵抗は、LEDのことを思ってだったのか。

PWM

信号がONになっている時間をTon秒、OFFになっている時間をToff秒としたとき、T = Ton + Toffはこのパルス信号の周期といいます。f = 1 / Tはパルス信号の周波数で、単位はHzです。そして、Ton / Tのことをデューティー比と呼びます。上のグラフのパルス信号は、Ton = Toff なので、デューティー比は0.5です。

PWMはパルス信号のデューティー比を変化させて変調する変調方法で、Pulse Width Modulationの頭文字です。

次回

とにかく、Lチカできたのでよかった…

一方で、あまり学習領域を広くとりすぎるのも良くないので、ちょっと期間を開けてから再度学習を再開しようと思います!

とはいえ、このファームウェアから右は実装範囲だと勝手に思っているので、そこは理解しておきたい…

エンジニア領域

メカとかエレキは、誰か一緒に開発できる人を探すべきと勝手に思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です